私たちの歩みには その時代、時代のより確かで美しいパッケージを
追い求めてきたノウハウの軌跡があります
そして今、次世代パッケージを目指して新たなる技術研鑽に挑み続けます